SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ぼちぼちいこか

プレストネット工法
日本技術士会近畿本部環境研究会の例会があり、これに参加した。会場は紫陽花がきれいな長谷寺である。テーマは「法面の緑化」であったが、専門でもなく、ピンと来なかった。プレストネット工法という方法で、所謂コンクリートを使わずに崩れかけている斜面を補強し、緑化を保つ方法である。素晴らしい工法だと思った。

| 環境 | 21:31 | - | - |
消費増税よりも環境税が先だ
 市場経済において、企業は利益最大化を達成しようとして公害を発生させる。個人の利己的な行動もまた交通渋滞や自動車による大気汚染を発生させる。いずれも社会はこのために余分な費用を負担しないといけなくなる。これらの発生は市場経済の失敗、欠陥であり、どう解決すべきかを考えたのがA・C・ピグーという学者である。企業は社会的費用を負担しないことで不当な利益を得ているので、これらに課税すればよいと言うのが環境税(ピグー税)である。

 3.11が起こるまでは、’喀侘娘茲螳き、∈得献┘優襯ー買取制度、4超税という3本柱によって地球環境を改善しようとしていた。7月からやっと△世韻実施されることが決まった。残念ながら他の2つは実現していない。

 私たちは毎日、ニュース、ドラマ、音楽番組などそれぞれ好きな番組を観ていますが、将来は天気予報を一番先に見なければならない時代が来ると云われています。毎日どこかで異常気象が起こっている事実を確認しながらの生活をしなければなりません。将来待ったなしの地球環境を考えると、環境税が先だろうと思う。
| 環境 | 21:49 | - | - |
騙されたあたなにも責任がある
蓮光寺住職本多雅人さんの記事(6/16 中日新聞朝刊)より・・親鸞は「善悪のふたつ総じてもって存知せざるなり」と言っている。「何が善で何が悪だかわからない」という。経済的な豊かさを求め原発を支えてきた愚かな人間であったという懺愧(ざんき)の心を失っていくとわかったつもりの善に立ってしまう。わかったことにしている暗さ「無明(むみょう)」のことである。冒頭の親鸞の教えは無明であったとの愚かさに立ち返り、わからないままに学んでゆくことだけが人間を解放してゆく。・・

月刊法音(6月号)の法音春秋より・・山を削り、谷を埋め、道路を作り、列車を走らせ、どこにいても夏は涼しく冬は暖かくと、収入も何も考えず快適さを求め続けた結果が今の巨額な借金を抱えた日本である。政治家や役人だけではなく、その「恩恵」に与ったのは他でもない、時の国民すべてである。借金を重ねつつ国民は快楽を貪ってきた。便利さを捨て切れず電力不足を日本中が心配している。何百年何千年経っても消し尽くせない放射性物質を子孫に残して来世意の無上道が果たしてあるのか。・・

小出裕章著「騙されたあなたにも責任がある」(幻冬舎)では、「国民は原子力は安全だと騙された。騙されたなら騙されたことの意味を考え責任を取る」ということをみなさんに考えて欲しいと訴えている。



| 環境 | 06:01 | - | - |
Fromagerie Miu
4月末に行った「うみはな」で知ったチーズの専門店「Fromagerie Miu」に足を運んだ。ブルーチーズが好きなので、これらを多く入れたセットを注文した。山羊のチーズ、イギリスのチーズなど今までに口にしたことのないチーズを頂いた。



チーズをはさんだサンドウィッチも美味しかったので、そのサンドウィッチに使っているパン屋さん「サ・マーシュ」にも足を運んだ。帰り道ステーキで有名な麤皮の前を通った。ずうっとここでやっているんだなあ。



翌朝、サ・マーシュのハードトーストに、ブルーチーズをはさんで頂いた。何とも贅沢な朝食である。ついでにコーヒーは「ガンダルフ」のコーヒーである。こちらは震災以降ずっと愛飲している。
| | 22:16 | - | - |
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ
やっと仕舞い込んであったLPの棚から、ジェラルド・ムーアのピアノでディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの美しき水車小屋の娘を聞いた。昔、フェスティバルホールの2階最後列で彼の歌を聴いた。ffのみならずppの美しいこと。まるで人間スピーカーだなと思ったことがあった。もう彼のような歌手は現れないだろうなあ。

吉田秀和の名曲300選は、優れた名盤に辿り着くのに役に立ったし、そこから芋蔓式に自分の気に入った曲やLPを探せたものだ。またゆっくりと彼の書物を読み直してみよう。でも吉田秀和全集も屋根裏に掘り込んだままだったなあ。

そういえば、LPを聴く時は必ずプレーヤーに向かって座って聴き込んだものだが、CDになってから寝転んで聴き、曲が終わったことも知らずにグースカ、ピースカやっていることが多くなったもんだ。
| 音楽 | 05:55 | - | - |